baby*garden 11・12月の教室スケジュール

ベビマおうち教室詳細は→ こちら 
         11月9日・30日 10:00~11:30
         12月7日・21日 10:00~11:30

 アプリコット教室 詳細は→ こちら
  ベビーキッズマッサージ 11月17日(木) 10:00~11:30 1組ご予約♪
                12月8日(木) 10:00~11:30             
 1DAY初級セラピスト養成講座詳細は→ こちら
  ・ベビーマッサージ・ファーストサイン・ベビースキンケア
                 ※ご希望日を相談させていただきます。
                   ※開催場所はすべておうち教室です。

 プロセラピスト養成講座詳細は→ こちら
     ベビーマッサージ 受講生募集中!!
     ベビースキンケア 受講生募集中!!
     卒業生 ベビーマッサージ 14名
          ファーストサイン 2名
           ベビースキンケア 4名
               ※随時お申し込み受付けております。
  わからないこと、質問などあればお気軽にお問い合わせください。
  無料ガイダンスを開催します。
                       
  お申し込み・お問い合わせはこちら
0748-60-1375(教室専用)
090-1674-9454(講師直通)
 までお気軽にご連絡ください。

   RTA指定スクール baby garden
   認定講師 松下久美子

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

3歳半にしてようやく卒乳!?

►2014/09/10 23:54 

滋賀県甲賀市水口町にある、資格も取れる
ベビーマッサージ・ファーストサイン教室baby gardenです♪

先日次女の3歳半健診がありました。
前回の2歳半健診から1年が経ちますが、
その時は身体測定にも大泣きで、泣いてべったりだったのが、
今回は保育園での経験もあり、身体測定、内科健診、
歯科検診、検尿、視力検査、どの検査も泣かずに
機嫌よく受けることができました
1_20140911011845499.jpg
待っている間も、同じ保育園のお友達と嬉しそうに遊ぶ姿にも
安心しました

そして、この夏ようやくオムツも卒業できました
全てにおいてゆっくりマイペースな次女ですが、
次女のペースで順調に発達してくれていて一安心です

そして、そして、タイトルにもあるように・・・
実は先日、ようやくおっぱいも卒業したんです!!
エッ!?3歳半で!?
まだおっぱい飲んでたの~???ですよね

そうなんです!
実はついこの前までまだ授乳してたんです。

長女の時もそうでしたが、おっぱいをあげる行為は、
ただ単に授乳ではなく、最高のスキンシップだと思っていて、
それをやめるタイミングは私の都合ではなく、
子ども自身に委ねたいなと思っていました。

いわゆる断乳ではなく、自然卒乳を選びたいというのが、
私のかねてからの強い希望でした。

周りからはまだおっぱいあげてるの?
いつまであげるの?と驚かれることも多かったですが、
そこだけは譲れない強い思いがありました。

おっぱい育児がいいな~というのもですが、
長女が生後間もなく大病をし、
緊急入院で保育器と点滴生活に変わったとき、
泣いたらいつでも抱っこして授乳しては
泣き止んですやすや眠っていた娘に、
触れることも抱くことも授乳することもできず、
保育器の中の小さな体全身で、
抱っこして~!おっぱいちょうだ~い!と
泣き続ける娘を、外から見ていることしかできなかった
あの辛さは今でも忘れることができません。

なので、奇跡的に快復して、
直接授乳できるようになったとき、
これからはどんなときも絶対に、
欲しいときに欲しいだけ、
この子が納得いくまで授乳しよう!と思いました

当たり前に抱いておっぱいをあげていたことが、
どれほど幸せだったかを実感し、
そこにママになった1番の喜びと幸せを感じていたのかもしれません。

そんな思いもあり、周りが1歳を過ぎた頃からどんどん断乳する中、
長女が自ら、「もうおっぱいは飲まない!」と突然断言し、
卒乳した2歳7か月まで、長女の時も授乳していました。

そして同じく・・・と思っていた次女ですが、
こちらはまた一段と甘えん坊で、
おっぱい大好きっ子だったので、
2歳半を過ぎ、3歳になっても、
おっぱいをやめる気配はまったくなし!

そろそろ、そんなタイミングがきてもいいんじゃない?と、
「もうお姉ちゃんだし、おっぱいさよならしようか?」と
言っても、「このたんは赤ちゃんだからおっぱいやめない!」と
言い張ってました。

それが、8月の終わり、
「もうおっぱい最後にしようか?」と聞くと、
「もうお姉ちゃんだから今日でさよならする!」と言って、
本当にその日の夜を最後に、
次の日は寝る前、泣きそうになって涙をこらえながらも、
おっぱいを飲むとは言わず、そのまま寝ました。

その健気さにこちらが泣きそうになるのを堪え、
無事に次女も卒乳を迎えたのでした

おっぱい育児が全てではないですし、
それが叶わない場合もあると思いますが、
やっぱりおっぱい育児は私にとって特別大切な
時間だったな~と思います。

そして、子どもが自らおっぱいとさよならするとき、
もう必要じゃなくなるときは必ず来て、
それはその子によって違うんだということを
2人の娘の成長と授乳によって感じました。

なので、もし今断乳を考えているママや、
悩んでいるママがいて、授乳することが無理ではなく、
しんどくないなら、少し待ってもいいんじゃないかな?と
個人的には思います。
きっと今は、まだおっぱいが必要だから欲しがる。
授乳は、お腹を満たすだけでなく、
心を満たす行為でもあると思います
そしてそれは、子どもだけでなく、ママ自身にも言えます!

長女が生まれて2年7か月。
そしてすぐに妊娠がわかり、10か月の妊娠期間を経て、
また再開した授乳生活は3年6か月。
ほぼ6年という長い授乳生活でしたが、
その期間は私に最高の幸せを与えてくれました

最後の夜に、次女に、
「ずっとママのおっぱいを好きでいてくれてありがとう。」と
伝えると、「いっぱいおっぱい飲ませてくれてありがとう。」と
言ってくれたことにまた幸せいっぱいになりました

おっぱいはさよならしたけど、
その分これからもいっぱい2人の娘に
ギューッとして、抱っこしたいと思います。

私の個人的な自然卒乳を推奨する記事に
最後までお付き合いいただいてありがとうございました

baby garden 松下久美子


ブログランキング参加中です。
↓↓ポチっと応援お願いします!↓↓
     にほんブログ村 子育てブログ ベビーマッサージ教室へ

スポンサーサイト

子育てComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。